読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放浪サッカーファンが贈る!お役立ち情報

様々な場所を放浪しながらサッカーと触れ合ってきた筆者が、サッカー情報、旅行情報、クレジットカード情報などをお伝えしてまいります。

クレジットカード審査に通りやすくなるために知っておくべき知識(1/4)

知っておきたいクレジットカードの情報

f:id:soccer-mile:20170211121242j:plain
今や多くの人が利用しているクレジットカード。
キャッシュレスで簡単にお買い物ができて、さらに新規入会や利用額に応じて多くのポイントを貰えるのも魅力的ですよね。
しかし、理解が浅かったり、申込み方が雑だったりすると、カードを発行してもらえないだけでなく、その後ローンを組めなくなったり影響が出てしまう可能性があります。
そのため、今回は、クレジットカード会社がどのようにカード審査を進めていくかをご紹介しながら、審査落ちする要因を極力減らしてクレジットカード申込みにそなえる方法を考えていきたいと思います。
 

 

クレジット=与信=あなたの信頼

根本的なことですが、クレジットカードの存在意義は、後払いが可能になることです。
クレジットカードに入会することによって、商品を買う時に、その場でお金を支払わなくともカードによる後払いで取引を行う資格を得られるのです。
言い方をカード会社基準にすると、カード会社は、信用がおけそうな人にはカードを発行して、商品購入から後払い(後日の口座引き落としなど)までの間はその購入代金を肩代わりし、引き落としがされたらカード会社の負担分はチャラになる、という図式です。
逆に言えば、「買うだけ後払いしないで逃げそうな人」には、カード会社はカード発行をしたくないのです。
ですので、カード発行を申し込むときには、「自分はいつもしっかり払っていますから心配する必要ありませんよ」という証拠を残しておくことが重要です。

 

カード会社は、なるべくカードを発行したい

カード会社のビジネスのひとつは、「手数料収入」です。先ほど私は、商品の購入代金を一時的に肩代わりすると書きましたが、実際には、カード会社は「カード払いを受け付けた店舗」から数%の手数料を収受しています。
したがって、カード会社にとっては、”自社のカードを使う人を増やすこと”と”一人当たりのカード利用額を増やすこと”が重要な業務なのです。
そのため、審査基準さえ満たしてくれていれば。できるだけ門前払いせず多くの人に発行したいというのが本音です。それさえ理解していれば、できることなら審査を通過してもたいたい、というカード会社の本音はおわかりいただけるでしょう。
それがわかっていれば、クレジットカードの審査だからといって必要以上に身構えたりする必要はありませんよ!


以上、今回はクレジットカードの審査に通りやすくなるための、まずは概念をお伝えしてまいりました。
次回は、VISAやマスターカードなど、間違って認識しがちな「国際ブランド」と「カード発行会社」の違いについて解説していきますので、ぜひまたご覧ください!

 

・関連記事・

www.hourou-football.space

www.hourou-football.space

www.hourou-football.space

 

 

当サイトに掲載されているすべての記事・写真について、無断転載・転用を禁じます。
Copyright 2017 放浪サッカーファンが贈る!お役立ち情報 All Rights Reserved.