読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放浪サッカーファンが贈る!お役立ち情報

様々な場所を放浪しながらサッカーと触れ合ってきた筆者が、サッカー情報、旅行情報、クレジットカード情報などをお伝えしてまいります。

クレジットカード審査に通りやすくなるために知っておくべき知識(4/4)

f:id:soccer-mile:20170211121242j:plain
クレジットカードの発行審査に関して知っておきたい知識をまとめたこの特集。
最終回の今回は、短期間に申し込むいわゆる「多重申込み」の危険性と、逆に良好な履歴を増やして審査に通りやすくする方法をご紹介します。
この全4階の中で最も重要な記事ですので、ぜひ覚えておいてくださいね!
 

 

短期間に連続で申込むのは危険

前回の記事に関連する内容となりますが、「入会申込みをしてその結果が出ていない状態のカード」がある場合は、申込み欄は埋まっているが審査結果は空白、という状態になります。
この状態のカードがある場合、つまり審査結果を待っている状態で別のカードを申し込むのは、避けた方が賢明です。
「前のカードの審査結果が出ていないに続けてカードを発行するような、支払いを踏み倒す可能性が高い危険人物」と判断される可能性があります。
こうして審査落ちをしてしまうカードがあると、半年経つまで審査落ちが審査落ちを呼ぶ悪循環に陥る可能性が高まりますので、この観点からも、無理に連続でカード申込みはせず、カードの申込みは2ヶ月に1枚程度のペースにして、もしも審査落ちしてしまったら次回のカード申込みまで半年待つ、というスタンスにした方が良いでしょう。


逆に、良好な記録を残していく方法

ここまで、「個人信用情報開示報告書」の減点項目ばかりをお伝えしてきました。
しかし、逆のことをすれば、良い支払記録を残すことも可能です。そうすることで、次のカード発行で審査可決となる確率がどんどん上がっていきます。

「個人信用情報開示報告書」では、各カードの毎月の支払記録も表示されます。
この中で、支払い代金が発生しなかった月は空欄となりますが、支払金額が発生し問題なく支払に至った月は、「$」マークが付記されます。
この$マークは、決済額が100円でも100万円でも同様に付きます。
したがって、普段あまり使わないカードでも月に一度、コンビニコーヒーを買う時に決済で利用するだけでも、多くの$マークをあなたの「個人信用情報開示報告書」に残すことができます。

空欄が多いことは決定的なマイナス要因にはならないでしょうが、『入会キャンペーンの時だけ決済に使ってその後は使わなくなる人』という印象に繋がる可能性はありますので、普段使わないカードでも時々は少額決済をすることによって、『一度カードを作ったら何度も繰り返し利用してくれる人』とカード会社に高評価してもらいやすい状態を目指しましょう!

 

カードの信用はあなたの信用。うまく使えば評価は上がる

以上のように、クレジットカードの審査を通りやすくするには、信用情報のマイナス要因をなくし、逆に高評価の要因を増やすことが重要になります。
カードの信用は、あなた自身の信用として、様々な会社がその信用情報を利用します。
信用情報に傷を付けると、ローンなど先々のことにまで影響を及ぼしますが、高評価を重ねれば、より優れたカードにも入会しやすくなります。
クレジットカードの活用は、コンスタントにマイルを積み重ねる上で非常に優れた方法ですので、ぜひご自身の信用状態を良好に保つことを心掛け、大量のポイントやマイルの獲得などに繋げていただければと思います。

 

 

・関連記事・

www.hourou-football.space

www.hourou-football.space

www.hourou-football.space

 

 

当サイトに掲載されているすべての記事・写真について、無断転載・転用を禁じます。
Copyright 2017 放浪サッカーファンが贈る!お役立ち情報 All Rights Reserved.